きんぱみの遊戯王冒険記

きんぱみが遊戯王をプレイして感じた事などを書きます
2017/06≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きんぱみの適当カード考察第二回

遊戯王wikiの最新の十五件のうち一番上に記載されているカードやデッキなどについての考察です。

はい、ネタが切れてますw


「コメント/トップページ」





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《暗黒(あんこく)のミミック LV(レベル)1/Dark Mimic LV1》 †
効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 100/守1000
リバース:デッキからカードを1枚ドローする。
また、自分のターンのスタンバイフェイズ時、
表側表示のこのカードを墓地に送る事で
「暗黒のミミック LV3」1体を手札またはデッキから特殊召喚する。


2004年5月発売のパックに封入されていたカードです。
当時高校生だった僕はこのカードをなんとか生かそうと知恵を絞るに絞ったつもりだったのですが…
何も思い付かなかったですw

カードを一枚ドローするリバース効果を持っています。
それと、何気にLVモンスターでもあります。
LV3を特殊召喚する効果はwikiのページには記載されていませんが、他のLVモンスターと同じなら起動効果でしょうね。

ここでついでにLV3のテキストも公開。

《暗黒(あんこく)のミミック LV(レベル)3/Dark Mimic LV3》 †
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守1000
このカードが戦闘によって墓地に送られた場合、
このカードのコントローラーはデッキからカードを1枚ドローする。
このカードが「暗黒のミミック LV1」の効果によって
特殊召喚されている場合はカードを2枚ドローする。


そうなんです。
このカードが二枚ドロー出来るというテキストを利用したかったんですよ当時は!
しかし、リバース効果とレベルアップ効果は噛み合わないし、レベル3が出せても戦闘破壊と言う手間がかかる…
2ドローされると分かってて攻撃してくる人はそうは居ませんからね(状況によりますが)
効果を使用しやすくするには強制転移などがいいんじゃないでしょうか?
運良くLV3を出せた上に強制転移を握っている事なんてほとんど無いと思いますけどw

しかも、2枚ドローするだけじゃなくてその後どうやってアドバンテージを活かしていくか考えないといけない。
普通のデッキには当然入らないし、何より決まっても今の環境じゃそんなに美味しくはない…
そんな考えが頭の中でループしていつの間にか存在を忘れてました。
それが、これをきっかけに蘇ったのです。
今でも相変わらず何も思い付かないのですがw

今日はこのへんで。

コメント

こんばんわ!
遊びに来ましたw

自分も、ミミックは何かに使えないか、と考えたことありましたw

リバースで1ドローは、効果的にはデコイチと同じですよね。
表サイバーでデコイチ使ってたんですが、なかなかいい感じでした。
ミミックLV1の方は、遅いですけど、デコイチと同じで地味に使えそうですねw

コメントありがとうございます!

やっぱりテキスト見ると何かに使えそうですからね!
使えそうで使えないカードって意外と多いですねw
デコイチは攻撃力があるからそっちを優先する人が多いですが、4枚目以降のデコイチと考えれば悪くないですね!

それでも使うからにはLV3も合せて使いたいと言うわがままな僕が居たりしますw

ミミックの俺の中での理想の流れが、

ミミック1セット
相手攻撃、和睦発動、
ミミックリバース、
スタンバイにミミック3に
転移、ミミック殴り2ドロー


ただ、消費がミミック、和睦、転移でドローが3、と。

転移でボードアドは稼げるけども3枚揃えるのは、ねぇ。

闇の誘惑の方が明らかに安定ですよね(汗

訪問ありがとうございます!

和睦とは…その発想は無かったですw
としたら入るデッキは剣闘かカウントダウンですかね。
どちらもなんだかミミックが違和感ありますけど><

闇の誘惑は制限カードなので比べない事にしてますw

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://kimpami.blog85.fc2.com/tb.php/20-2a04a5f0
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。